期間工の求人の良いところ

最近、期間工の求人募集を広告等でご覧になった方も多いのではないでしょうか。しかし、期間工求人について、その「期間」、「工」という文字からマイナスのイメージを漠然と持っている方も多いかと思われます。
しかし、期間工は必ずしも待遇が悪いばかりではなく、多くのメリットもあるのです。

まず、期間工とは、一定の契約期間、契約社員として会社に直接雇用され、主に工場での生産等の業務に携わる人のことを指します。


会社に直接雇用されるため点が大きな特徴であり、この点は派遣社員と異なります。

工場の求人に注目が集まっています。

そして、会社に直接雇用されることから、原則として雇用期間はほぼ正社員と同様の待遇となります。もちろん、長年働いている正社員と同レベルの給与とは限らないものの、当然残業が発生すれば残業代も出ますし、多くの会社であれば賞与の支給も正社員同様にあるのです。加えて、工場に勤務の場合は、近くにマンションや借家等がない場合も多いので、社宅に安い料金で済むこともできます。

詳しく知りたい京都府教育委員会についてわかりやすく説明しています。

このように、待遇面は決して悪いものではありません。

加えて、団塊世代が退職しているなか、30代前後の社員不足に悩んでいる会社も多く、期間工から正社員に登用するような制度を設けている会社もあります。


大手企業の正社員になれるチャンスもあるのです。


このように、言葉でのマイナスイメージとは異なり、実際には待遇面・キャリア面ともに自分の頑張り次第ではステップアップをすることが可能なので、求人情報を確認する際は一度検討してみてはいかがでしょうか。